石川県の観光情報webマガジン

【七尾市】長谷川等伯の地の小丸山の高台に建つ「石川県七尾美術館」

七尾駅から車で5分の小丸山台の高台に建つ「石川県七尾美術館」。こちらは、全国的にも有名な長谷川等伯(信春)の生まれの地ということもあり、毎年長谷川等伯展覧会が開かれる能登唯一の総合美術館です。

美しい外観が印象的な「石川県七尾美術館」

駐車場に車を停めて、エントランスまでの道は、木々の緑と美しいオブジェが多数立ち並ぶ美術の道です。思わず足を止めてみたくなるようなオブジェが多数ありました。特に入口から少し奥にある小高い丘があります。また建物の周りに張り付けてあるブロック。こちらも七尾で有名な珪藻土を使ったブロックが使用されています。能登にちなんだ形や物をさまざまな場所に使いながら作られた美術館、それが「石川県七尾美術館」です。

館内には常時投影される長谷川等伯の生涯が学べるハイビジョン

長谷川等伯(信春)は、1539年(天文8年)、能登国の戦国大名・畠山氏の家臣である奥村文之丞宗道の子として七尾に生まれました。生まれの土地である七尾にある当館には、長谷川等伯(信春)の画が多数保存されています。また毎年1回長谷川等伯展も行われています。毎年開催される長谷川等伯展ですが、当館に保存している作品以外にも、全国から等伯の作品を集めた形で行われます。その為、内容は毎回違い、毎年この展示を見にこられるお客様もいらっしゃるそうです。

ドーム型の七つの屋根など七にこだわった館内

七つの屋根、丸みを帯びた形は館内のモチーフにも多数使われています。また外壁に張り付けられているブロックも、この土地で有名な珪藻土ブロックなど、地の素材を使う形で作られている美術館です。

常設展の池田コレクションの世界

「池田コレクション」は、七尾市出身の実業家・池田文夫氏が生涯をかけて収集した貴重な作品などが展示されています。現在当館では、合計289点もの作品が貯蔵されています。とてもバラエティに富んだ作品が多数あるので、楽しんで観覧することができます。

「石川県七尾美術館」は、能登地区唯一の総合美術館です。毎年開催される「長谷川等伯展」や、「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」の特別展が開催されるとても貴重な美術館です。七尾へお越しの際には、足を運んでみてくださいね。

施設名石川県七尾美術館
住所石川県七尾市小丸山台1-1
電話番号0767-53-1500
開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日毎週月曜日(祝・休日を除く)、祝・休日の翌日(土・日曜を除く)
展示替え期間、年末年始 ※展覧会によっては開催中無休
入館料大人800円以内、大高校生350円以内(企画展によって変動有)小・中学生無料
駐車場普通車62台、大型車4台(無料)
ホームページhttps://nanao-art-museum.jp/

SNSでフォローする