石川県の観光情報webマガジン

【輪島市】世界で唯一の漆芸専門の美術館「石川県輪島漆芸美術館」

「石川県輪島漆芸美術館」は世界で唯一の漆芸専門の美術館

輪島の伝統工芸である輪島塗。「石川県輪島漆芸美術館」は、世界に誇る優れた漆文化の発信拠点として、1991年(平成3年)に開館されました。「石川県輪島漆芸美術館」では、輪島塗の基本を学ぶことができます。常時全室で漆芸品を展示している、世界で唯一の漆芸専門の美術館です。館内では、漆器の知識がない方でもわかりやすく解説されているので、輪島塗についてゆっくり楽しく学ぶことができます。

建物の外観は正倉院の校倉造をイメージした特徴的なデザインで、館内に入ると吹き抜けの広々とした空間が広がります。1階には、売店や体験ができるスペースなども用意されています。エントランスを入って右側には、チケット売り場があります。こちらでチケットを購入して展示スペースがある2階へすすみます。

そしてエントランス右側にはチケット売り場があるので、チケットを購入して展示スペースがある2階へ進んでください。

輪島塗の歴史を学べる展示が並ぶ豊富な展示スペース

2階への階段を昇ると、広いスペースがあります。ここには、漆器の政策工程や、漆芸作家の作品を紹介するビデオを鑑賞したり、充実した漆芸・美術関連図書をゆっくり閲覧することができる場所があります。続いて展示スペースへと進んでみましょう。

展示スペースでは、常設スペースと企画展で使われるスペースとがあります。1つ1つ丁寧に説明が書かれているので、輪島塗の基礎的な内容から、漆器の製作工程まで、ゆっくり見て学ぶことができます。

ウルシと漆器の木地になる樹木を鑑賞できる「漆の里広場」

輪島塗にはかかせないうるし、上質椀皿類の木地に使用されるけやき、輪島塗では複雑な形をしている御膳の足や片口の注口部分などに使われるホオノキ、輪島塗の塗装面を研ぐ研ぎ炭の材料になるアブラギリ、これらの木々がこの広場には植えられています。

輪島の伝統文化でもある輪島塗について学べる「石川県輪島漆芸美術館」へ、ぜひ足を運んでみてください

施設名石川県輪島漆芸美術館
住所石川県輪島市水守町四十苅(みともりまちしじゅうがり)11番地
営業時間午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日年末休館 2020年12月29日(火)~31日(木)
その他展示入れ替えによる臨時休館日あり
入館料一般 630円 高大学生 320円 小中学生 150円
問い合わせ先Tel.0768-22-9788 
Fax.0768-22-9789 
E-mail urushiart@ca1.wannet.jp
ホームページURLhttps://www.city.wajima.ishikawa.jp/
SNSでフォローする