石川県の観光情報webマガジン

【羽咋市】日本で唯一の車で走れる「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」

日本で唯一の「砂浜を車で走れる海岸」

島国である日本は、周りがすべて海に囲まれています。その為、海に面した海岸は多数あります。

ですが、日本の中で車で海岸を走れる場所は、日本全国の中でも、石川県の全長約8キロの「千里浜なぎさドライブウェイ」のみです。

大型バスや乗用車、バイクや自転車でも走れる砂浜

車といってもいろんな車種があります。「千里浜なぎさドライブウェイ」はどんな車でも走ることができます。砂浜を走るということは4WDなどの特殊な車でないと走れないと思われる方も多いかと思います。

ですが、「千里浜なぎさドライブウェイ」は、どんな車でも走れる砂浜です。実際にどんな車が走っているのか見ていると、大型バスや普通乗用車、そしてバイクや自転車なども気持ちよさそうに砂浜を走っていました。まさに「なんでも走れる砂浜」です。

なぜどんな車でも走れるのか?

なぜ砂浜をどんな車でも気持ちよく走ることができるのでしょうか。

その秘密は、この砂浜の砂のきめの細かさにあります。「千里浜なぎさドライブウェイ」の砂は、一粒一粒が海水を含んで引き締まっています。その為、なんでも走れる砂浜になるのだそうです。

絶景のドライブ観光スポット

「千里浜なぎさドライブウェイ」は海の真横を走れるとても気持ちがよく、絶景が見られる日本で唯一の砂浜です。
その為、観光で能登へ向かう際、観光バスもこの砂浜に降りていくことがあります。いきなり砂浜に降りていくのでびっくりする方もいらっしゃるかもしれません。でもこのドライブコースはとても気持ちがよく最高のドライブスポットです。

天気がよく温かいシーズンは、窓を全開にして走ってみてください。潮風を浴びながら波音を聞きながら走る快感は最高な経験で忘れられないですよ。
そして夕日の沈む時間にこの場所を通過するとき、美しい夕日はおもわず「美しい・・・」と声がでてしまうほどです。
自然に触れながら、そして自然を感じながらドライブができる「千里浜なぎさドライブウェイ」は最高です。

「千里浜なぎさドライブウェイ」の所在地は?

「千里浜なぎさドライブウェイ」は、金沢と能登をつなぐ、のと里山海道の横にあります。金沢から能登へ向かう場合は、今浜ICで下車します。また、能登から金沢へ向かっている場合は、千里浜ICで下車してください。
どちらも「千里浜なぎさドライブウェイ」の案内が書いてあるので、わかりやすいです。

悪天候の場合も通行できるの?

「千里浜なぎさドライブウェイ」は基本的にはいつでも走ることができます。ですが、海の真横を走る為、天候などにより走行不可となる場合があります。これは走行される方々の安全を考慮してになります。

走行可能かどうかは、走行中ののと里山海道の電光掲示板にも表示されていますが、心配な方は「石川みち情報ネット」から調べるか、直接、石川県中能登土木事務所羽咋土木事務所(電話:0767-22-1225)へ確認してみてください。

まとめ

日本海の潮の香り、景色、海風、潮騒を感じられる「千里浜なぎさドライブウェイ」。
ぜひ、ドライブされる方は足を運んでみてくださいね。

SNSでフォローする